●台本●【読み聞かせ】上品な妹の読み聞かせ『ヘンゼルとグレーテル』前編

この記事は約12分で読めます。

 お嬢様な妹に童話を読み聞かせてもらう音声です
 青空文庫様のデータを利用させていただいておりますので、ご使用の際はその旨を明記するようにお願いします
 台本のダウンロードは以下よりどうぞ!

02【読み聞かせ】上品な妹の読み聞かせ『ヘンゼルとグレーテル』前編.txt

 

 こちらの台本は、非営利目的での使用の範囲において、ご自由にお使いいただけます
 一部を切り抜いてサンプルボイスなどにお使いいただいたり、口調や展開を変更して演じていただく事も可能です
 使用報告も必要ございませんが、下記フォームよりご報告いただければ、こちらでご紹介などさせていただきます
 ただし、義務ではありませんが配布URL(このページのURL)か、製作者名(今生康宏)を明記していただければ幸いです

 なお、非営利目的での使用とは、個人サイトや個人ブログ、支援サイト(有料会員向けページも可能です)などで音声、動画ファイルを公開される、収益化しているか否かを問わずYoutubeなどの動画、音声共有サイトに演じたものを公開されるといったことを指します

 もしも営利目的での使用(同人作品DLサイトなどでの有償頒布、即売会におけるディスクなどでの頒布など)される場合は、下記のフォームより必ずご報告ください
 シナリオ1本につき、1000円の使用料をお支払いいただければ、問題なくご使用いただけます
 また、このシナリオを元に調整をしてもらいたい、といったご依頼についても、同じく1000円で承りますので、下記フォームよりご相談ください

 

必須お名前
必須メールアドレス
必須送り先
必須ご用件
必須お問い合わせ内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

 

 

 

■扉が開く音

●小声で
 お兄様、失礼いたします

●申し訳なさそうに
 こんな夜分遅くに申し訳ございません
 どうしても寝る前にお兄様のお顔が見たくなってしまって……

◆少しの間

●意外そうに
 えっ?お兄様も私(わたくし)の顔を見たかったと?

●嬉しそうに
 そうでしたか……それは、とても嬉しいです

◆少しの間

 あっ、はい。実はお兄様のご迷惑でないのであれば、この本を読ませていただき、共に楽しむ事ができれば、と……
 本の読み聞かせだなんて、小さな子どもにするみたいですよね
 でも、どうにも寝苦しいもので……こんな夜は幼い頃にお兄様にしていただいたように、絵本を読めば眠れると思うのです
 えっと……よろしいでしょうか?

◆少しの間

●嬉しそうに
 ありがとうございます……!では、お兄様のベッドに失礼しますね

■ベッドに横になる音

●嬉しそうに
 うふふっ……最後にこうして同じベッドで眠ったのはいつの事でしょうか?
 とっても嬉しいです

 では、お読みしますね。拙い(つたない)朗読でしょうが、どうぞご容赦くださいませ

 ヘンゼルとグレーテル

 貧しい木こりの男が、大きな森の近くに小屋を持って、おかみさんと二人の子どもとで暮らしていました。
 二人の子どもの内、男の子がヘンゼル、女の子がグレーテルといいました。
 しがなく暮らして、ろくろく歯に当たる食べ物を、これまでも食べずに来たのですが、ある年、国じゅうが大ききんで、それこそ、日々のパンが口に入らなくなりました。
 木こりは晩、寝床に入ったものの、この後、どうして暮らすか考えると、心配で心配で、ごろごろ寝返りばかりして、ため息混じりに、おかみさんに話しかけました。

●木こり(父親)
 俺たち、これからどうなると言うんだ
 可哀想に、子どもらをどうやって食わしていくか
 何しろ、肝心、養ってやっている俺たち二人の食う物がない始末だ

●母親
 だから、お前さん、いっそこうしようじゃないか

 と、おかみさんが答えました。

●母親
 明日の朝、のっけに、子どもたちを連れ出して、森の奥の奥の、木深い(こぶかい)所まで行くのだよ
 そこで、たき火をしてやって、めいめい一欠(ひとかけ)ずつパンをあてがっておいて、それなり私たち、仕事の方へすっぽぬけて行って、二人はそっくり森の中に置いてくるのさ
 子どもらに帰り道が見つかりっこないから、それで厄介が抜けようじゃないか

●木こり
 そりゃあ、おめえ、いけねえよ

 と、木こりが言いました。

●木こり
 そんなこたあ、俺にはできねえよ
 子どもらを森ん中へ置き去りにするなんて、どうしたって、そんな考えになれるものかな
 そんなことしたら、子どもら、すぐと森のけだものがでてきて、ずたずたにひっつぁいてしまうにきまってらあな

●母親
 やれやれ、お前さん、いいバカだよ

 と、おかみさんは言いました。

●母親 かつえ死に(じに)……飢え死に のこと
 そんなことを言っていたら、私たち四人が四人、かつえ死にに死んでしまって、後は棺桶の板を削ってもらうだけが、仕事になるよ

 こうおかみさんは言って、それからも、述べつまくし立てて、否応なしに、亭主をうんと言わせてしまいました。

●木こり
 どうもやはり、子どもたちが可哀想だなあ

 と、亭主はまだ言っていました。
 二人の子どもたちも、お腹が空いて、よく寝つけませんでしたから、継母が、おとっつぁんに向かって言っていることを、そっくり聞いていました。
 妹のグレーテルは、涙を出して、しくんしくんやりながら、兄さんのヘンゼルに向かって

●グレーテル
 まあどうしましょう
 あたしたち、もうダメね

 と、言いました。

●ヘンゼル
 しッ、黙ってグレーテル

 と、ヘンゼルは言いました。

●ヘンゼル
 お騒ぎでない、大丈夫
 僕、きっとよくやってみせるから

 こう妹をなだめておいて、やがて、親たちが寝静まると、ヘンゼルはそろそろ起き出して、上着を被りました。
 そして、表の戸の下だけ開けて、こっそり外へ出ました。
 ちょうどお月様が、昼のように明るく照っていて、家の前に敷いてある白い小砂利が、それこそ銀貨のように、きらきらしていました。
 ヘンゼルは屈んで、その砂利を上着の隠しいっぱい、詰まるだけ詰めました。
 それから、そっとまた、戻って行って、グレーテルに

●ヘンゼル
 いいから安心して、ゆっくりおやすみ
 神様がついていてくださるよ

 と、言い聞かせて、自分もまた、床に潜り込みました。
 夜が明けると、まだお日様の上がらない内から、もうさっそく、おかみさんは起きて来て、二人を起こしました。

●母親
 さあ、起きないか、のらくら者だよ
 起きて森へ行って、焚き木を拾って来るのだよ

 こう言っておかみさんは、子どもたちめいめいに、一欠ずつパンをわたして

●母親
 さあ、これがお昼だよ
 お昼にならない内、食べてしまうのではないぞ
 もう後は何にももらえないからよ

 と、言いました。
 グレーテルは、パンを二つともそっくり前掛の下にしまいました。
 ヘンゼルは、隠しにいっぱい小石を入れていましたからね。
 そのあとで、親子四人揃って森へ出かけました。
 しばらく行くと、ヘンゼルがふと立ち留まって、首を伸ばして、家の方を振り返りました。
 しかも、そんなことをなんべんもなんべんもやりました。
 おとっつぁんがそこで言いました。

●木こり
 おい、ヘンゼル、何をそんなに立ち留まって見ているんだ
 うっかりしないで、足元に気をつけろよ

●ヘンゼル
 なあに、おとっつぁん

 と、ヘンゼルは言いました。

●ヘンゼル
 僕の見ているのはね、あれさ
 ほら、あすこの屋根の上に、僕の白猫が上がっていて、あばよしているから

 すると、おかみさんが

●母親 煙出し……えんとつのこと
 バカ、あれがお前の子猫なもんか、ありゃあ、煙出し(けむだし)に日が当たっているんじゃないか

 と、言いました。
 でも、ヘンゼルは子猫なんか見ているのではありません。
 本当はその間に、例の白い小砂利をせっせと隠しから出しては、道に落とし落とししていたのです。
 森のまん中ごろまで来たとき、おとっつぁんは言いました。

●木こり
 さあ、子どもたち、焚き付けの木を拾っておいで
 みんな、寒いといけない
 おとっつぁん、焚き火をしてやろうよ

● そだ……枝のこと
 ヘンゼルとグレーテルとで、そだを運んで来て、そこに山と積み上げました。
 そだの山に火がついて、ぱあっと高く、炎が燃え上がると、おかみさんが言いました。

●母親
 さあ、子どもたち、二人は焚き火の傍であったまって、私たち森で木を切って来る間、大人しく待っているんだよ
 仕事が済めば戻ってきて、一緒に連れて帰るからね

 ヘンゼルとグレーテルとは、そこで、焚き火に当たっていました。
 お昼になると、めいめいあてがわれた、パンの小さな欠片を出して食べました。
 さて、その間も始終、木を切る斧の音がしていましたから、おとっつぁんは、すぐと近くで仕事をしていることとばかり思っていました。
 でも、それは斧の音ではなくて、おとっつぁんが一本の枯れ木に、枝をいわいつけておいたのが、風でゆすられて、あっちへぶつかり、こっちへぶつかりしていたのです。
 こんな風にして、二人はいつまでも大人しく待っている内、ついくたびれて、両方の目がとろんとしてきて、それなりぐっすり、寝てしまいました。
 それで、やっと目が覚めてみると、もうすっかり暮れて、夜になっていました。
 グレーテルは泣き出してしまいました。

●グレーテル
 まあ、私たち、どうしたら森の外へ出られるでしょう

 と、グレーテルは言いました。
 ヘンゼルは、でもグレーテルをなだめて

●ヘンゼル
 なあに、しばらくお待ち。お月様が出てくるからね
 そうすればすぐと路(みち)が見つかるよ

 と、言いました。
 やがて、まんまるなお月様が、高々と上りました。
 そこで、ヘンゼルは小さい妹の手をひいて、小砂利を落とした後を、辿り辿り行きました。
 小砂利は、吹き上がって来たばかりの銀貨みたいに、ぴかぴか光って、路しるべしてくれました。
 一晩中、歩き通しに歩いて、もう夜のしらしら明けに、二人はやっとおとっつぁんの家に帰って来ました。
 二人が表をこつこつと叩くと、おかみさんが戸を開けて出てきました。
 そして、ヘンゼルとグレーテルの立っているのを見ると

●母親
 このろくでなしめら、いつまで森ン中で寝こけていたんだい
 お前たち、もう家に帰るのがいやになったんだと思っていたよ

 と、言いました。
 おとっつぁんの方は、でも、ああして子どもたち二人っきり、置き去りにして来たものの、心配で心配でならなかったところでしたから、よく帰って来たと言って喜びました。
 その後、もうほどなく、家中また八方ふさがりになりました。
 子どもたちが聞いていると、夜遅く、寝ながらおっかさんが、おとっつぁんにむかって、

●母親
 さあ、いよいよ何もかも食べ尽くしてしまったわ
 天にも地にもパンが半きれ、それも食べてしまえば、歌もおしまいさ
 こうなりゃどうしたって、子どもらを追い出す他はないわ
 今度は森のもっと奥まで連れ込んで、もう、とても帰り道のわからないようにしなきゃダメさ
 どうしたって、他に私たち助かりようがないからね

 こんな事を言われて、亭主は胸にぐっと来ました。そして

●木こり
 (そんなくらいならいっそ、てめえ、しまいに残った自分のぶりの一欠を、子どもたちに分けてやっちまうのがましだ)

● あくぞもくぞ……人の欠点を並べ立てること
 と、考えました。
 それでもおかみさんは、亭主の言うことをまるで耳に入れようともしません。
 ただもういきりたって、あくぞもくぞ並べ立てました。
 それは誰だって、いったんA(アー)といってしまえば、あとはB(ベエ)と続けなければならなくなるので、この亭主も一度おかみさんの言うままになったからは、今度も、その通りにしなければならなくなりました。
 ところで、子どもたちはまだ目が開いていて、この話を残らず聞いていました。
 そこで、大人たちの寝てしまうのを待ちかねて、ヘンゼルは起き上がると、外へ飛び出して、この前のように小砂利を拾いに行こうとしました。
 でも今度は、おかみさんが戸に、ぴんと、錠を下ろしてしまったので、ヘンゼルは出ることができなくなりました。
 ヘンゼルは、それでも、小さい妹をなだめて、

●ヘンゼル
 グレーテル、お泣きでない、ね
 安心してお休み
 神様がきっとよくしてくださあるから

 と、言い聞かせました。
 あくる日は、朝っぱらからもう、おかみさんはやって来て、子どもたちを寝床から連れ出しました。
 子どもたちは、めいめいパンの欠片を一つずつもらいましたが、それは先のよりも、よけい小さいものでした。
 それをヘンゼルは、森へ行く道みち、隠しの中でぼろぼろに崩しました。
 そして、おりおり立ち留まっては、その崩したパンくずを、地びたに落としました。

●木こり
 おい、ヘンゼル、なんだって立ち留まって、きょろきょろ見ているんだな

 と、おとっつぁんが言いました。

●木こり
 さっさと歩かないか

●ヘンゼル
 僕、僕の小鳩を、ちゃんと見ているんだよ
 そら、屋根の上に止まって、僕にさよならしているんじゃないか

 と、ヘンゼルは言いました。

●母親
 バカ

 と、おかみさんはまた言いました。

●母親
 あれがなんで鳩なもんか
 あれは朝日が、煙出しの上で、きらきらしているんだよ

 ヘンゼルは、それでもかまわず、パンくずを道の上に落とし落としして、残らず失くしてしまいました。
 おかみさんは、子どもたちを、森のもっともっと深く、生まれてまだ来たことのなかった奥まで、引っぱって行きました。
 そこで今度も、またじゃんじゃん焚き火をしました。
 そしておっかさんは

●母親
 さあ、子どもたち、二人ともそこにじっといればいいのだよ
 くたびれたら少し寝ても構わないよ
 私たちは森で木を切って来て、夕方、仕事がおしまいになれば戻って来て、一緒に家に連れて帰るからね

 と、いいました。
 お昼になると、グレーテルが自分のパンを、ヘンゼルと二人で分けて食べました。
 ヘンゼルのパンは道にまいて来てしまいましたものね。
 パンを食べてしまうと、二人は眠りました。
 そのうちに晩も過ぎましたが、可哀想な子どもたちの所へ、誰も来る者はありません。
 二人がやっと目を開けた時には、もう真っ暗な夜になっていました。
 ヘンゼルは、小さい妹を労りながら

●ヘンゼル
 グレーテル、まあ待っておいでよ
 お月様が出るまでね
 お月様が出りゃあ、こぼしておいてパンくずも見えるし、それを探して行けば、家へ帰れるんだよ

 と、言いました。
 お月様が上がったので、二人は出かけました。
 けれど、パンくずは、もうどこにも見当たりません。
 それは、森や野を飛び回っている、何千とも知れない鳥たちが、みんなつついて持って行ってしまったのです。
 それでも、ヘンゼルはグレーテルに

●ヘンゼル
 なあにその内、道が見つかるよ

 と、言っていましたが、やはり、見つかりませんでした。
 夜中じゅう歩き通して、あくる日も朝から晩まで歩きました。
 それでも、森の外に出ることができませんでした。
 それになにしろ、お腹が空いてたまりませんでした。
 地びたに出ていた、草莓の実を、ほんの二つ三つ口にしただけでしたものね。
 それで、もうくたびれきって、どうにも足が進まなくなったので、一本の木の下にごろりとなると、そのままぐっすり寝こんでしまいました。

 さてさて、ヘンゼルとグレーテルはどうなってしまうのでしょう?

●嬉しそうに
 ふふっ、もう何度も読んでいて、すっかり内容を覚えているお話でしたが、改めて声を出して読んでみると不思議な感じがしますね

◆少しの間

●眠そうに
 さて、まだお話は半分ぐらいですが、もう眠くなってしまいましたわ
 お兄様。今夜はこのまま寝てしまってもよろしいでしょうか?

◆少しの間

●意外そうに
 あら、お兄様。急にお笑いになって、どうされました?

●恥ずかしそうに
 やはり、こんな歳になって一緒に寝るなんて恥ずかしいでしょうか……

◆少しの間

●意外そうに
 えっ、幼い頃もこのお話を読んで怖くなって、一緒に眠った?

●昔を懐かしむように
 そうでしたね……当時は頼りになるお兄様をヘンゼルに
 そして、お兄様に頼り切りの私をグレーテルに投影してお話を読んでいました
 なのでいつか、私もお父様やお母様に捨てられてしまうのでは、と不安でしたね

 思えば、どうしてこんなに母親が冷たいのかと思いましたが、ヘンゼルとグレーテルの産みの母ではなく、継母だったのですね
 でも、私たちが幼い頃は、お母様が体調を崩されていて、ほとんどメイドに育ててもらったので、境遇も似ていたのかもしれませんね
 もちろん、メイドたちは本当に私たちを大切にしてくれましたが

●あくび
 ふぁっ……

●恥ずかしそうに
 うぅっ、はしたないですわ……

 それでは、おやすみなさい。お兄様

●眠そうに
 お話の続きはまたの機会に……すぅっ……

このシナリオは「青空文庫」様の以下のページのデータを元に製作しました
台本として読みやすいよう、改行を工夫したり、ひらがなを漢字に変換するなどはしていますが、内容自体の改変はございません
https://www.aozora.gr.jp/cards/001091/card42315.html

「ヘンゼルとグレーテル」
グリム兄弟
楠山正雄訳

底本:「世界おとぎ文庫(グリム篇)森の小人」小峰書店

タイトルとURLをコピーしました