小説

小説

幼い頃から続くもの

「もうすぐできるから、大人しく待ってなよー」「う、うん。それはいいんだけどさ」 火にかけられた鍋の上には、丸々と太った...
小説

聖なる夜に

 十二の月の末。 一年が十二の月から為ると決めた人物が一体、いつの時代のなんという人物なのか、多くの民衆は知らない。 ...
小説

衣装を脱いだ後には

「ふあぁ~っ!つかれたー!」「お疲れ。って、そんなに色々やってたのか?」「色々とねー。チビどもにプレゼント届けて回るだ...
小説

ファースト・ハロウィン

「やっぱり都会のハロウィンってすごいの?」 そんなことを話したのは10月の始めの頃で、今年のハロウィンは日曜日とはいえ...
小説

那由他のひめごと 1話

初仕事  ガールズクラブ「At Tribute(アット・トリビュート)」について。 当店はお客様に“理想の美少女...
小説

那由他のひめごと 0.5話

毎夜の営み  人の性欲の強さの平均というのはわからない。 まず、性のことなんて他人と積極的に共有する情報ではない...
小説

夜寝坊

「んっ……ふぁぁっ…………。うーん、今日もよく寝たぁ……。おはよ~……って、あれ?」 いつものように夜、目覚めてリビン...
小説

もしもの準備

「桐、ただいま!」「ん、おかえり。連休明けの学校じゃが、だらけておった訳ではないのだろうな~?」「だ、大丈夫だよ。そも...
小説

那由他のひめごと 0話

新しい目覚め  四条那由は学校一の才女と言われる誰もの憧れである。 名門、四条家に生まれた彼女は昔から特に努力を...
小説

船磯のバレンタイン

「という訳で、バレンタイン大作戦を決行したいと思います!」「お、おー?」「おー」 色々とあって、一番キッチンがおっきい...
タイトルとURLをコピーしました