小説

小説

はじまりの日

「昔の話か?ううむ……どうにも昔の記憶はいまひとつでなぁ……。い、いや、妾の記憶力が悪いという訳ではないぞ!妾は人の家...
小説

新しい水着

「直樹、どう?新しい水着買ったの!」 「おぉーっ、前のはどうしたんだ?もうサイズ合わなくなったとか?」「...
小説

わたしが堕天使になった日+花弁をつまびく夜

わたしが堕天使になった日  寝覚めがはっきりとしない朝でした。 なんとなく空気が重苦しい……楽園はいつも...
小説

天使のお仕事

「そうして私は、静かに死んでいったんだ。いつしか口から出てくる取引先への言葉は、当たり障りのない、そして守れる保証もな...
小説

それぞれの6月21日

花蓮サイド 「乳の日ですか……わたしの日、ですね」「……え?いや、お前に父親要素は一つもないだろ」「いえ...
小説

温かい日々

「桐、おはよう」「うむ、おはよう。今日は休日だというのに、ずいぶんと早起きじゃな。どういう風の吹き回しじゃ?」「いやぁ...
小説

こどもの日

 今日もいつものように、桐と悠の二人は自宅でテレビを見ながら過ごしていた。 急に暑くなり出したため、こたつ布団をしまい...
小説

座敷童の笑顔

「のう……悠。人が生まれるって、どういうことなんじゃろうな……」「な、なんだよ、急に。哲学か?」「まあ、哲学と言えば哲...
小説

本当の気持ち

「先生、エイプリルフールはご存知ですか?」「ああ、四月馬鹿っていうやつか……地上の文化だったな。確か、四月一日には嘘を...
小説

届かないからこそ

「桐。俺、彼女ができたんだ!」 朝。悠が起き出すといつものように桐が朝ご飯の支度をしてくれている。 そんな彼女に悠は開...
タイトルとURLをコピーしました