二人のでっかいお姉ちゃん

小説

幼い頃から続くもの

「もうすぐできるから、大人しく待ってなよー」「う、うん。それはいいんだけどさ」 火にかけられた鍋の上には、丸々と太った...
小説

聖なる夜に

 十二の月の末。 一年が十二の月から為ると決めた人物が一体、いつの時代のなんという人物なのか、多くの民衆は知らない。 ...
タイトルとURLをコピーしました